天皇杯準決勝 私の「レイソルサポ増殖計画」第4弾!

Pocket

こんにちわ!ラーテルです。

天皇杯準決勝を週末に控えた今日、下平監督の来季続投が発表されましたね!

レイソルを応援し出して1年目の私にとって、それまでのレイソル指揮官と比較するのは少し難しいのですが、今季のJリーグでレイソルが見せた戦いぶりは、他のチームと比較しても一貫性があって、応援のし甲斐もありました。そんなレイソルを率いた監督が来季も引き続き指揮を執るということで、チームコンセプトも継続されるのでしょうし、非常に嬉しいなと思っております。

 

天皇杯はあるけれど、ついつい来季も気になって

 

レイソルは天皇杯が残っていることもあってか、来季戦力についての情報がそれほど活発に聞こえてきませんが、きっと今年私たちが応援してきたあのレイソルが、バージョンアップされた姿で新シーズンには見られると思うと、ついつい来季に気持ちが向いてしまいます。

やっぱり私にとって、レイソルの応援=日立台なんですよ。

もちろん、天皇杯は準決勝も決勝も行きますけど、アウェイでは何とも「居心地」が良くない。

これは、埼スタや吹田や日産みたいな立派なスタジアムであろうと、関係ないんですよね。

日立台のあのロケーション、空気感、そしてそういったモノから得られる「安心感」

もちろん自宅から最も近いJクラブのスタジアムですし、日立台で過ごす時間は本当にキラキラしているんですよ。

こう書いていると、本当に来季の開幕が楽しみになってしまいますが、「年越しのプレゼント」天皇杯をまずは楽しみたいと思います。

 

各チーム、苦労しているご様子

ここへ来て、ヴィッセルのポドルスキーが行方不明だとか、セレッソの杉本、山口蛍が準決勝は欠場する見込みだとか、リーグ終了から間をおいての開催となる天皇杯に向けてのチーム調整の難しさを感じます。

レイソルもE-1選手権で代表に行っていた航輔、純也は今秋からの合流。

正直、純也の怪我も私は全然心配していませんし、あの韓国戦みたいな「きつ~い」体験を経た2人が更に成長した姿を必ず見せてくれると思っています。

ブラジル人3人衆もしっかりトレーニング出来ている様ですし、クリスマス返上で天皇杯に標準を合わせてくれている姿勢は本当にありがたい。

まずは、元旦の決勝進出を目標にしてもらって、見ごたえのある試合を見せて欲しい!

 

レイソルサポ増殖計画

https://twitter.com/1616_hero/status/943063199691108352

 

私の「レイソルサポ増殖計画」も今季第4段目となっておりまして、等々力には従妹夫婦とともに参戦する予定。彼らも「初レイソル」ですけど、きっと楽しんでくれるはず。

それはこれまでに、弟、妹が既にリピーターとなっていることからも、私は自信を持って言い切ります。

天皇杯準決勝ともなれば、日本サッカー界では「超メジャー」な試合でNHKの生中継もあるくらいですが、それでもやっぱり「スタジアム」で感じる興奮や選手たちから感じる迫力はテレビ画面からではほとんど伝わってこない魅力。

私はここ数カ月、地域リーグから高校サッカーから代表戦から、あらゆるカテゴリーのサッカーを現地観戦してきましたが、スタジアムに行けば「必ず」何か発見がありますし、「必ず」楽しめるんです。(E-1の韓国戦だけは楽しくなかった!)

自分たちがレイソルを応援しにスタジアムへ行くことだけでなく、そこに仲間を連れて行く、そしてスタジアム仲間になってしまう。

別にレイソルだけを応援して!っていう話ではなくて、サッカーをスタジアムで見ることの楽しさをもっと多くの人たちに広めていきたい!それって、大袈裟かもしれませんが「人生を豊かにする」ことにつながっていく気がするんです。

その為には、言い出しっぺの私が夢中になっている必要があります。

さあさあ、私もそろそろマリノス戦に向けて気持ちを作っていくぞ!!

 

サッカーブログ「11人の群れ」もよろしくお願いします!

ブログ「11人の群れ」

こちらでもブログをやっております。是非ともお暇つぶしにでもご覧いただけますと、私の生きる力へと変わります。

よろしくお願い致します!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です