高校サッカー選手権 千葉県予選準決勝 「白熱した柏ダービー」

Pocket

こんにちわ!ラーテルです。

先週の日曜日、高校選手権千葉県予選準決勝を柏の葉まで見にいってきました。

もちろんその目当ては「流通経済大柏VS日体大柏」の高校サッカー柏ダービー。

レイソルから派遣されている酒井直樹監督率いる日体大柏が、インターハイ王者の流経柏に対してどんな試合を演じるのか。

それが見たくて、前日のレイソル勝利による余韻もそこそこに早起きです。

前日とはうって変わって、澄み切った青空に包まれたサッカーには最高のコンディション。

しかし、、かなり寒くなってきましたねぇ。柏の葉のメインスタンドで観戦しましたが、大きく立派なあの屋根のお陰でスタンドは完全に日陰。ダウンコートを着ていって正解でした。

 

柏の葉メインスタンドにはいっぱいのお客さんが

それにしても、お客さんがかなり入っていました。

柏の葉のメインスタンドは結構大きいですけど、ほぼ8割方は埋まっていました。

東京予選準決勝が行われた西が丘も結構お客さんは入っていましたが、千葉の準決勝はちょっとレベルが違う感じ。

高校生や中学生、選手の保護者の方々、根っからのサッカー好き、そういった方々が大勢集まっておられました。

試合の方はといえば、どちらが勝ってもおかしくない大接戦。しかも相当に激しいプレーの応酬です。

夏のインターハイで全国を制覇し、関東のプリンスリーグで戦っている流経柏はそつの無いバランスが取れたチームでしたが、日体柏も決して負けていません。

スタメンの中にもレイソルU-15出身者やレイソルグループのクラブ出身者も多く、個々の技術についてはそれほど大きな差は感じませんでした。

 

日体柏の14番松田一紗選手と7番石田壮太選手

ただ、前半の日体柏は14番の松田一紗選手が前線でその俊足を活かしてボールを受けても、若干孤立する傾向が強く、なかなか流経柏をヒヤリとさせるような形にまでは持っていけません。

ただ、この松田選手はとにかく本当に良く走ります。ドリブルも上手いし、果敢に勝負して仕掛けるし、日体柏がこの試合に相当の意気込みで立ち向かっていってるかを体現するようなプレーぶりでした。

しかし試合は一進一退。流経柏もなかなか決定的な場面を作れないまま、試合は後半へ。

後半途中からは互いにプレスもそれほどかからなくなり、あわやゴールという場面も多くなってきました。

特に日体柏では途中交代で出場してきた7番石田壮太選手が、攻撃面で非常にいいアクセントになっていました。

石田選手は身のこなしが非常に軽やかな選手で、パスをはたくのもキープするのも上手く、中田英寿選手の身体の使い方に似ているなぁと感じました。

試合はスコアレスのまま延長戦に突入。ここまで来ると互いの応援団のテンションもマックス。

日体柏の応援団はレイソルのチャントを原曲?のまま叫んでいるので、非常に親近感が湧きます。一方の流経柏はさすがに高校選手権の常連校ともいうべき迫力のあるブラスバンドが「高校サッカー」らしいムードを盛り上げます。

 

PK合戦を制した流経柏GK薄井覇斗選手

 

結局試合は引き分けのままPK合戦に。

ここからは、完全に心理戦でした。

どちらのチームも高校サッカー年代では、かなりハイレベルな選手が揃っていましたが、このPK合戦で心理駆け引きに勝ったのは流経柏のGK薄井覇斗選手。

後攻の日体柏最初のキッカーがペナルティマークにボールをセットしようとすると、彼の面前に立ち、キッカーの選手と視線を合わせようとしている様子がうかがえました。

視線を合わせようなんて甘っちょろい言い方かもしれませんね、「ガンをつける」の方が正確かな。とにかくキッカーを睨みつけて、そのまま殴り掛かるんじゃないかと思うわせる程の緊張感が一瞬走ります。

レフリーに促され、ポジションに戻りましたが、彼はその後も全てのキッカーに対して同じような姿勢で臨んでいました。

結果として、日体柏の3人目と4人目のキッカーがゴールを外してしまい、流経柏の決勝進出が決定。

日体柏の選手がどれだけプレッシャーを感じてしまったかは伺い知れませんが、流経柏のGK薄井選手の迫力はスタンドから見ていた私にさえ伝わってきました。正直、怖えぇ!と思いましたよ。

23日の決勝は、この試合のあとに行われたもう一つの準決勝で八千代に逆転勝ちした市船と流経柏との間で行われることになりましたが、負けたとはいえ日体柏も十分に魅力あるチーム。

これからも千葉県の高校サッカー界を牽引してく学校の1つとして、大いに期待していきたいところです。

 

サッカーブログ「11人の群れ」もよろしくお願いします!

ブログ「11人の群れ」

こちらでもブログをやっております。是非ともお暇つぶしにでもご覧いただけますと、私の生きる力へと変わります。

よろしくお願い致します!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です