高校サッカー選手権 成立学園のエース鈴木皓(レイソルU-15)にご注目を!

Pocket

こんにちわ!ラーテルです。

ルヴァンカップではセレッソ大阪が優勝。川崎フロンターレはまたしても優勝に手が届きませんでした。

彼らにとって残るタイトルはJリーグだけ。

これもアントラーズが大崩れしない限り難しそうですし、今季も無冠のシーズンになることが濃厚かな・・・・?

私はそんなルヴァンカップには目もくれず、西が丘まで高校選手権東京A準決勝を観戦しに行ってきました。

第一試合は東京朝鮮との延長戦にまでもつれ込む激戦を関東一高が制し、二年連続の代表権獲得に王手をかけました。

第二試合では成立学園が東海大菅生を寄せつけず2-0と快勝。

来週11月11日に行われる東京A決勝のカードは関東一高VS成立学園という好カードとなりました。

 

洗練された成立VS武骨な東海大菅生

準決勝第二試合のカードは成立学園VS東海大菅生。

T1リーグの上位を行く成立は非常に洗練されたテクニックとコンビネーションで試合の主導権を握り続けるレベルの高いチームでした。

一方の東海大菅生はT3リーグ所属。個々のテクニックは成立に遠く及びませんが、どの選手も体ががっしりとしていて、激しいコンタクトを厭わないスタイル。

試合の結果は前半開始直後の先制点と前半のフリーキックによるゴールで早々と2-0とした成立がそのまま逃げ切った形となりました。

後半になると成立は中心選手を次々と交代させましたが、それでも交代出場してくる選手は皆ポテンシャルが高く、決定的場面を何度も創出します。

東海大菅生のGKは、前半のフリーキックからの失点時、ボールの目測を誤るミスをしてしまいましたが、後半はそれを挽回するべく何度もビックセーブを見せました。

しかし攻撃に関しては、いかんせんボールがつながらず、成立を慌てさせる場面もほとんど作ることが出来ませんでした。

スコアこそ2-0でしたが、実際にはそれ以上のチーム力の違いがありましたねぇ。

私の周りで観戦していた人は東海大菅生の関係者(おそらく保護者)が多かったのですが、「相手が相手だから」と、この試合の結末をそのまま受け入れているようにも感じました。

 

成立学園のキーマンはレイソル出身

成立学園は、昨日準決勝を戦った4チームの中で抜群に選手の質が高かったように感じました。

他のチームには1人2人、危なっかしい選手がいましたが、成立にはそういう選手がいません。

全員の平均点が高い。そういうチームでした。

志向しているサッカーも、他のチームよりレベルが2段階くらいたかく、まるでピッチの中に15人くらいいるんじゃないか?と思わせるくらいにパスがよくつながります。

そして、相手の嫌がるスペースにどんどん人が飛び出して、そこへボールが供給される。

非常に洗練されたチームでした。

その中で、ひときわ目立っていたのが背番号8番でキャプテンの鈴木皓選手。

ポジションはボランチですが、ほとんどの攻撃は彼を経由します。

そして、味方がボールを持っている時のポジショニングが素晴らしい。

少々難しい状況で味方がボールを持っていても、鈴木皓選手はその味方が楽にパスが出せる位置に動いてくれます。

体格が優れているわけでも、走力が抜きんでているわけでもないのですが、何ともセンスある動き、気の利く動きをする選手なのです。

パンフレットでプロフィールを見てみたところ、鈴木皓選手は柏レイソルU-12~U-15の出身。

それで納得しました。

他にも成立学園には柏レイソルU-15出身の選手が数名いました。

そうか、成立学園はレイソルの匂いがするのか。

そういえば、大津祐樹も成立出身でしたね。

監督は元日本代表の宮内総さん、コーチも宮内監督と同じ元古河電工の五十嵐和也さん。

指導者は「ジェフ系」選手は「レイソル系」

だから、高校サッカーなのにあんな「スマート」なサッカーをしているのか。。

決勝の相手、関東一高は「個」で勝負できる選手が前線に数人いるので、簡単には勝たせてくれないと思いますが、私は成立優位と予想します。

もし、成立学園が東京代表としてお正月の高校選手権にまで残ったら、是非とも8番の鈴木皓選手に注目してみてください!

 

サッカーブログ「11人の群れ」もよろしくお願いします!

ブログ「11人の群れ」

 

 

 

こちらでもブログをやっております。是非ともお暇つぶしにでもご覧いただけますと、私の生きる力へと変わります。

よろしくお願い致します!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です