春秋制か秋春制か 実際スタジアムへ通うファンの意見に耳を傾けよ

Pocket

こんにちわ!ラーテルです。

久しぶりに風邪をひいてしまい、2日ほど寝込んでしまっておりました。

歳のせいなのか、最近は風邪をひくとなかなか治ってくれません。

ちゃんと薬を飲み、元気の出そうな食事もとって、治す努力については若い時とは比べものにならないくらいしているのに、不思議なものですね。

ところで、Jリーグの開催時期を現行の「春秋制」から「秋春制」に移行するか否かの当面の方針を今年の12月を目途に日本サッカー協会が決定するそうです。

「春秋制」か「秋春制」か、この議論はここ10年くらいの間、浮上しては議論が平行線上で結論が出ずという状態を繰り返してきました。

 

Jリーグ開催時期「春秋制」か「秋春制」その対立構造は?

「春秋制」と「秋春制」による対立構造の要旨はこんなところでしょうか。

秋春制推進側(日本サッカー協会)

ヨーロッパ主要リーグと年間予定を合わせることで様々なメリットを生み出すことが可能。

秋春制推進側が挙げているメリットの中で大きなものは

国際Aマッチウィークがリーグ戦運営の大きな妨げになりにくくなる。

国際Aマッチウィークは主要ヨーロッパリーグ(秋春制)にフィットした日程で組まれている。

ヨーロッパと日本のシーズンが重なることで、選手の移籍がよりスムーズに行える。

現状として、ヨーロッパ主要リーグとJリーグのシーズンが捻じれている事で、互いにシーズン途中での移籍しかすることが出来ない。

こんな感じですね。

日本サッカー協会は、何とかこの路線で推し進めていきたいようです。

これに対して春秋制の主張としては

春秋制主張側(Jリーグ側)

秋春制のシーズンに含まれる冬期間(12月~2月)には、豪雪地帯にある地域(北陸・東北・北海道)などではJリーグが安全に開催できるインフラが整っていない。

こういうカウンターで「秋春制」推進側に対抗しています。

ほとんどのJリーグクラブが「秋春制」への移行に反対しています。

 

私は「秋春制」を支持してきたが

私はレイソルを応援するようになるまでは、どちらといえば「秋春制」移行を支持していました。

その理由は、「真夏はサッカーの季節じゃない」と思っていたからです。

秋春シーズンになれば、7月や8月の猛烈に暑い時期はチーム作りの準備期間に充てることが出来ます。場合によっては涼しい地域でのキャンプトレーニングも可能です。

その副産物として、実力のあるJリーガーがヨーロッパへ移籍しやすくもなり、ヨーロッパでプレーしている外国人選手のJリーグ移籍もスムーズに行える。

そんな風に思っていました。

 

「秋春制」で想定される深刻なデメリット

しかし、今は少しその考えが変わってきています。

「真夏はサッカーの季節じゃない」

この考えは変わっていません。

実際に今年、レイソルをずっと応援してきて7月~8月の試合は本当に暑かったし、キツかった。

その気温と湿度の高さは、レイソルの戦い方も変えざるえないほど。

ある意味、戦術的にはレベルが低いサッカーになっていたように感じます。

ただ、雪の積もる冬。豪雪地方ではいくら立派で雪に強いスタジアムを造ったところで、そこにたどり着くまでの観客の足が保証されているわけではない。とも気がつきました。

「スタジアムまでのアクセス」

これがいかに重要なことなのか、今シーズンいろいろなスタジアムへレイソルを追いかけていて、実感として持つことが出来ました。

 

真夏開催と真冬開催のデメリットは天秤にかけられない

正直、スタジアムまでたどり着いてしまえば、何とかなります。

先週、台風22号の影響で大雨となった日立台でも、試合さえ始まってしまえば大丈夫なんですよね。(風邪は引きましたが)

地方に行けばその足は車しかない場合も多いでしょう。そうなるとまず、アウェイのサポーターをスタジアムへ運ぶことが大きな関門となりそうです。

豪雪に慣れていない人たちが多ければ数千人集まってくるのですから、深刻な事故も起きかねません。

スタジアムがいくら温かくて、スタンドに屋根がついていて、ピッチの下にヒーターがあって雪が積もらないようになっていても、観客が来られないのでは意味がありません。

「真夏はサッカーの季節じゃない」という理由だけで、真冬の豪雪地方に観客が集まれないかもしれないというリスクを取るのはアンバランスだと思うようになってきました。

 

一番重要なのはJリーグファンの意見

「春秋制」か「秋春制」か。

これまでこの議論は「日本サッカー協会」と「Jリーグ」とか綱引きをしてきました。

それぞれがそれぞれの立場で意見をぶつけ合っているのですから、それ自体には全く問題はないですし、じっくり議論をしていくべきだと思っています。

ただ、一番大切な視点は「Jリーグファン」の意見だとも思っています。

自分の応援するチームや好きな選手を追いかけて、毎試合スタジアムまで足を運んでいるファンの意見をもっと聞くべきだと私は思います。

実際にスタジアムでアンケートを取ってもいいでしょう。

彼ら(私も含め)が概ね納得できるような結論や、Jリーグの方向性を示すことが非常に大事だと思います。

固定ファンもきっかけさえあれば離れていってしまうでしょう。

 

サッカーブログ「11人の群れ」もよろしくお願いします!

ブログ「11人の群れ」

 

 

 

こちらでもブログをやっております。是非ともお暇つぶしにでもご覧いただけますと、私の生きる力へと変わります。

よろしくお願い致します!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です