《第29節柏レイソル》札幌に完敗。でも優勝から逃げるのは弱虫の考え方だ!

Pocket

ジェイの3点目が決まった時、思わずDAZN画面に向かってこう呟いていました。

「ウソだろ・・・」

こんにちわ ラーテルです。

北海道コンサドーレ札幌が目の色を変えてぶつかってくるとは思っていましたが、まさか0-3で負けるとは想像していませんでした。

私が今年柏レイソルを応援し出してから、無得点で負けたのは初めてです。3点差というのももちろん初めて。

ショックです。こういう事が起きるんですね。

残り7戦になった時「ここからは思いきり一喜一憂する!」と私はここにも書きましたが、今のところ「二憂」ですね。

2試合連続無得点ですから、全く「喜」がない「二憂」です。

さあ、私のモチベーションをどうやって上げていきますか。。

 

シュート5本で3ゴール。コンサドーレ残留へ大アシスト

 

北海道コンサドーレ札幌は今日の勝利で勝点31。

今期のJ1残留が見えてきましたね。

しかも、上位争いしているレイソルに対して3-0の完勝ですから、昨夜のすすきのは相当に盛り上がったことでしょう。

しかし、コンサドーレの攻撃は実に効率が良かった。

シュート5本で3得点。

確かに、1試合を通してゴールシーン以外にレイソルにはこれといったピンチなかったんですよね。

それだけに、0-1、0-2、0-3とゴールが決まる度に、何だかそれが現実に起きていることではないような感覚に陥りました。

でも、都倉選手も躍動してましたし、ジェイ選手にもやられました。彼らがやろうとしたサッカーは出来ていたんです。コンサドーレの順当勝ちですね。

 

下平監督の采配を非難しても虚しいだけ

 

攻撃ではクリスティアーノ、ハモンに加え、ディエゴを起用し、ブラジル3人衆揃い踏みで挑み、守備ではコンサドーレの高さ対策として、中谷進之介選手、鎌田次郎選手のCB。中山雄太選手をいつもより前に配したフォーメーションで臨んだ柏レイソル。

結果としては、全てが裏目に出てしまったといえますが、そうした判断をした下平監督の采配を非難する気には全くなれません。

これまでも、ビックリするような先発フォーメーションで挑む試合はありましたし、それが功を奏して私たちに熱狂をプレゼントしてもらってきてますから。

ただ、ジェイ選手と都倉選手はほんとうに高いですね。あいつら、凄いよ。全然勝てなかったもん。邪魔すら上手くさせてくれなかったもん。何喰ってるんだろ?

 

クリスティアーノついに4枚目イエロー

イエローカードがリーチになってから、ずっとクリスティアーノ選手がイエローを受けませんように!とビクビクしていた私。

完敗ついでに、ついに家本さんからイエローカード発令!

これまで、あれだけ熱い闘志をギラギラさせながらも、その生粋の人柄の良さでイエローカードをかいくぐってきたクリス兄さん。

昨日のファールになった場面も、微妙っちゃ微妙でしたが、さすがに今回は感情がコントロール出来ていなかったのかもしれません。

クリス兄さんだけでなく、ディエゴもハモンも相当にイライラしているように画面からは伝わってきました。

これで、次節クリスティアーノ選手は出場停止。

これまで、私の応援してきた柏レイソルには常にクリスティアーノ選手がいました。

レイソルで最も勝利への闘争心を見せてくれるクリスのいないレイソルがどんな姿になるのか。

今の時点では「あたり目に祟り目」ですよね。

 

優勝の可能性がある限り、私必ず復活します!

今回の敗戦で、鹿島、川崎との間に更なる差が広がってしまった柏レイソル。

それでも、何とか3位という位置に留まれたのはラッキーでした。

そして、可能性は限りなく低くなったとはいえ、優勝の可能性だって0になったわけではありません。

勝負ごとだけに、負けることも勝つこともある!

そして、勝てる可能性がまだあるのに、そこから逃げるのは弱虫の考え方だ!

「もう優勝はない」と言ってしまうのは。期待値を下げて「がっかり」のリスクヘッジをしているに過ぎない!!

私はこれから1週間かけて、21日のアウェイ・大宮アルディージャ戦へ最高のモチベーションで臨むつもりです!

応援する方が元気でいなきゃ、選手もテンション上がらないでしょ?

頑張ろう!柏レイソルサポーター!

 

サッカーブログ「11人の群れ」もよろしくお願いします!

ブログ「11人の群れ」

 

 

 

こちらでもブログをやっております。是非ともお暇つぶしにでもご覧いただけますと、私の生きる力へと変わります。

よろしくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です